永久抹消登録申請書類の記入事項



永久抹消登録申請書類の記入事項についての説明普通自動車(小型自動車)、または軽自動車を廃車永久抹消登録)する際の申請書(OCRシート3号様式の3)の記入事項は以下の通りです。


軽自動車の場合は申請書(OCRシート軽第4号様式の3)となります。普通自動車と軽自動車によって様式が異なりますので、陸運局(軽自動車検査協会)に行けば記入サンプルがありますので、それを参考に記入しましょう。


 永久抹消登録する際の申請書への記入事項




永久抹消登録の記入例



永久抹消登録及び重量税還付の記入例



軽自動車(自動車検査証返納届出書/解体届書)の記入例


◎登録種別


永久抹消登録(返納届け)の手続き(普通自動車の場合には永久抹消登録、軽自動車の場合は返納となります)か、解体抹消(解体届け)の手続きか、どちらかにチェックします。


◎自動車登録番号


永久抹消登録の場合は「自動車検査証(車検証)」、解体届けの場合は「一時抹消登録証明書(普通自動車の場合)」「自動車検査返納証明書(軽自動車の場合)」に書かれている自動車登録番号を記入します。


◎車体番号


車体番号の下3ケタ(または4ケタ)を記入します。


◎移動報告番号


自動車リサイクル料金を支払った際に受け取る、使用済自動車引取証明書(自動車リサクル券の一部)に記載されています。


◎解体報告日


解体報告記録がされた年月日を記入します(解体が完了した時に解体業者から通知されます)。


◎申請者


申請者の「氏名・住所」を記入し、認印を押印します。


 自動車重量税の還付申請を伴う場合



◎氏名・人格区分


氏名を記入し、個人か、法人かを記入します。


◎住所


陸運局(軽自動車検査協会)に置いてある住所コードを参考に記入をします。


住所コード


引っ越しなどで車検証と現住所の住所が異なる場合は現住所を記入。


◎郵便番号


郵便番号を記入します。


郵便番号検索


◎電話番号


電話番号を記入します。


◎振込先情報


自動車重量税を還付する(振り込んでもらう)振込先情報「金融機関名称・支店名・口座番号」を記入します。


自動車重量税の還付申請を伴わない場合は、申請をしない「0」を記入します。




廃車手続きっていろいろ面倒ですよね。。

廃車ひきとり110番なら手続き代行はもちろん、1,000円以上での買取り実績が98.5%と、ほとんどの車が値段が付いて売却できます!プラス自動車税、重量税、自賠責保険も還付♪