リサイクル実効率100%を目指す自動車業界



日産自動車は2007年5月21日、2005年1月に施行された自動車リサイクル法に基づくASR(シュレッダーダスト)の再資源化結果から実効率を割り出したところ、2006年度の国内での廃車リサイクル実効率が前年度を1.1ポイント上回る95.2%に達したと発表しました。



日産は2006年12月に公表した環境行動計画「グリーンプログラム2010」で、2010年までにリサイクル実効率の目標を95%と掲げていましたが、これを4年早く達成したこととなりました。



日産以外の他社はまだ2006年度の実績を明らかにしていませんが、日産の酒井寿治常務執行役員によると、「日産の実績は国内メーカではトップレベルにある」と述べています。



酒井常務は「究極のゴールはリサイクル実効率100%であり、設計段階での解体性の向上やリサイクルしやすい素材の採用など、あらゆる取り組みを拡充したい」と説明。



廃車のリサイクル実効率は、破砕された金属や樹脂などによるASR(シュレッダーダスト)をできるだけ再資源化し、埋め立て処分に回るASR(シュレッダーダスト)を減少させることで高めることができ、日産のASR(シュレッダーダスト)の再資源化率は2005年度の67.9%から2006年度には73.9%まで高めることができました。



自動車リサイクル法では2015年度までにASR再資源化率を70%に引き上げるよう定めていましたが、日産は他社に先駆けてこの水準を早々とクリアしたこととなりました。





平成19年5月21日・カーセンサーラボ自動車ニュースより一部抜粋





1990年代~2000年代の前半は廃車の不法投棄などが社会問題となっていましたが、2005年1月から始まった「自動車リサイクル法」や、鉄価格の高騰によって、廃車するにはお金がかかる時代ではなく、無料、または買い取ってくれる割合が高くなっていますので、まずは必ず買取り業者に無料査定を依頼することが大切になってきてますね。



この流れで行けば「リサイクル実効率100%」も夢ではなくなる日も近いかも?





中古車の買取り実績No.1「
ガリバーの愛車無料査定






その車、売れないと思っていませんか?

ユーカーパックなら最大2000社の車買取店の入札形式なので、ほとんどの車が値段が付いて売却できていますよ。




事故車、不動車、水没車、どんな車も0円以上買取保障!

ハイシャルならどんな車でも0円以上で買い取ります!+レッカー代、手続き代行費用も無料+自動車(重量)税、自賠責保険も還付♪