車検切れの車で教習



自動車教習に使う車両のナンバーを不正に付け替えていたとして、帯広署は2007年3月16日、道路運送車両法違反の疑いで、帯広市西19北3の自動車教習所「相互自動車学園」の社長熊谷和庸容疑者(67)を逮捕しました。同署によると、教習車両が不正ナンバーで摘発されるのは道内で初めてのようです。



調べによると、熊谷容疑者は、同学園で所有する教習用の乗用車に、以前経営した廃棄物収集運搬会社で使い廃車にしたごみ収集車のナンバーを昨年から付け替え使用した疑いで、乗用車の登録は一時抹消されており、無車検、無保険の状態でした。



2007年3月15日午後5時15分ごろ、同所近くの市道を、同学園の指導員が生徒を乗せて運転したところを、張り込んでいた捜査員が見つけて逮捕しました。



熊谷容疑者は「車検を取るのに金がかかるので、生徒が増えればまた取るつもりだった」と容疑を認め、同署では今後、公道の教習に使っていたかどうかなどを調べていきます。



同署は3月16日午前10時半から約1時間、署員4人が同学園事務所を家宅捜索し、指導員に事情を聞くとともに、教習簿など関係書類を数点を入れた段ボール2箱を押収しました。



同学園は、釧路公安委員会の指定を受けていないが、教習所の届け出をして運営。仮免許取得前の教習は他教習所のコースを借りており、乗用車4台を所有し、同容疑者と指導員1人が教習に当たり生徒は約10人いました。



平成19年3月19日・WEEKLY NEWSより一部抜粋



なんか、「・・・」なニュースですね。



車検の費用をけちって自動車教習を行っていたなんて、生徒もとんだ迷惑ですね。



それにしても「無車検・無保険」の車で教習してたなんて、ちょっと考えられないですね。少し悲しいニュースでした。。



その車、売れないと思っていませんか?

ユーカーパックなら最大2000社の車買取店の入札形式なので、ほとんどの車が値段が付いて売却できていますよ。




事故車、不動車、水没車、どんな車も0円以上買取保障!

ハイシャルならどんな車でも0円以上で買い取ります!+レッカー代、手続き代行費用も無料+自動車(重量)税、自賠責保険も還付♪