車・車検証・ナンバープレートがない場合の廃車手続きは?



愛車が盗難にあったり、地震、津波などの自然災害で車(車検証・ナンバープレート)がなくなった場合でも廃車手続きは可能です。


具体的には以下の順序で手続きを行いましょう


 車(車検証・ナンバープレート)がない場合の廃車手続



1:証明書を交付してもらう


盗難の場合は最寄りの警察署へ盗難届を出す。


地震、津波などで車が紛失した場合は消防署(または市区町村役場)で罹災証明書(りさいしょうめいしょ)を出す(車を登録している都道府県の消防署等で)。


これらの証明書は「自動車リサイクル券(使用済自動車引取証明書)」の代わりとなるものです。


各消防署(市区町村役場)によって対応が異なり罹災証明書が出せない場合もありますので、その場合はそれぞれの消防署(市区町村役場)で手続きをご確認ください。


2:運輸支局で車検証の再発行手続き


最寄りの陸運局(運輸支局)で車検証を再交付してもらいます。車検証の再交付には以下の書類等が必要となります。


・車検証(ある場合)
・使用者の認印
・使用者の委任状(使用者本人が手続きをする場合は不要)
・理由書理由書のダウンロード(pdf)
・申請者の身分証明書
・手数料納付書(運輸支局にあります)
・申請書(運輸支局にあります)
・手数料「再交付申請手数料300円+申請書代100円程度」


3:陸運局(運輸支局)で手続き


盗難届(または罹災証明書)と車検証が揃えば、あとは通常の手続き(永久抹消登録)を陸運局(運輸支局)で行いましょう。


永久抹消登録手続き


それぞれの状況が異なりますので、何か不明な点がある場合は最寄りの陸運局(運輸支局)、市区町村役場等へ直接ご相談ください。


基本的に廃車(永久抹消登録)は車を登録している都道府県の運輸支局で手続きを行うこととなりますが、引越などで住民票を移せば新住所を管轄する運輸支局でも手続きが可能となります。




その車、売れないと思っていませんか?

ユーカーパックなら最大1000社の車買取店の入札形式なので、ほとんどの車が値段が付いて売却できていますよ。