廃車の部品を有効活用した展覧会



車の「エアバッグ・シートベルト」などの廃車部品を使用して作られた「家具・クッション・バッグ・ハンモック・蝶ネクタイ・灰皿」などの生活用品の展覧会『廃車のプライス展 2009 ベルト×バッグ  CO2を減らすプロダクト』が2009年9月17~29日に新宿のリビングデザインセンターOZONEで開催されました。


廃車のプライス展では、デザイナー11組が廃車部品を生活用品としてデザインし、展示されています。


平成21年9月15日・新宿経済新聞より一部抜粋


廃車部品の中でも鉄部分はすでにリサイクル(活用)されていましたが、利用価値が低い部品は処分するしかありませんでしたから、このような試みは非常におもしろいですね。実際に商品として販売するまでは難しいかもしれませんが、廃車部品の有効活用について、もう少し考える時期に来たのかもしれません。




低年式、過走行などの車は廃車するしかないと決めつけていまんか?

150社以上の買取店が加盟しているズバット車買取比較なら、廃車予定の車に値段が付くことも珍しくありません♪

PC、スマホから車種、走行距離などを入力するだけの無料一括査定は!