廃車費用(料金)は総額いくらかかるのか?



廃車費用についての説明廃車をする場合にもっとも気になるのは"廃車費用"が総額でいくらかかるかという点です。


しかし廃車費用がいくらかかるかはそれぞれの状況によって異なりますので一概にはいえませんが、大まかな廃車時にかかる費用は以下の通りになります。


しかしこの金額はあくまでも概算で、解体費用は車の状態や車種によって変わりますので含んでいません(解体費用は車種や車の状態によっては無料の場合もあります)。


ということは、「下記金額+解体費用+抹消登録費用(自分でする場合は無料)」が廃車にかかる総額となります(一時抹消登録の場合は手続きに350円必要となります)。


陸運局(軽自動車検査協会)への廃車手続き(抹消登録)を業者や行政書士に依頼する場合の抹消登録費用は、「+2,000~10,000円」となります。


陸運局(軽自動車検査協会)近くの行政書士では比較的安い金額で抹消登録の手続きを行ってくれます。もちろんそこまで行けば自分でやってしまったほうがいいと思いますが・・・。


また、解体業者への登録車両の引取費用は、住む地域や、解体業者から登録車両の場所までの距離によって変わりますので、ここでは「10,000円」として計算しています(自走可能で、自分で持ち込む場合は当然無料です)。


 自分で廃車手続き(抹消登録)をする場合



自動車リサイクル料金は自動車メーカーや車両によって異なりますので、あくまでも相場です。


平成29年(2017年)現在の相場です。


解体業者への
登録車両
リサイクル料金 廃車費用総額
持ち込む(無料) 支払済み
(無料)
無料
持ち込む(無料) 国産軽自動車
(8,000)
8,000円
持ち込む(無料) 国産自動車
(10,000)
10,000円
持ち込む(無料) 外国車
(15,000)
15,000円
持ち込む(無料) 大型車
(20,000)
20,000円
引取依頼
(10,000)
支払済み
(無料)
10,000円
引取依頼
(10,000)
国産軽自動車
(8,000)
18,000円
引取依頼
(10,000)
国産自動車
(10,000)
20,000円
引取依頼
(10,000)
外国車
(15,000)
25,000円
引取依頼
(10,000)
大型車
(20,000)
30,000円


上記の通り、廃車しようと思っても、多くの場合、料金がかかることが多いです。


ただ解体する場合、解体業者によっては"鉄クズ(鉄スクラップ)代金"として、普通車なら「1~3万円」、軽自動車なら「3千円~1万円」ほどのお金がもらえる場合があるので、実際には廃車費用がかかるどころか、廃車手続きをすることによって多少プラスになる事もあります(鉄料金はその時々の鉄相場によって変動します)。


それでも解体業者へ車を持ち込むのが面倒だったり、自走不能、車検切れなどで持ち込めなかったり、また運輸支局で行う廃車手続き(永久抹消登録手続き)は自分で行うか、有料となりますが行政書士に依頼するしかありません。


そこで運輸支局で行う廃車手続きや、解体業者へ車を持ち込めない、または面倒だと思う方にオススメなのが中古車の一括査定を利用する方法です。


しかし一般的な中古車一括査定だと、廃車するような車(過走行車・事故車・水没者など)は値段が付かないことも多いのですが、全国約1000社の買取店が入札形式で中古車を買い取ってくれるユーカーパックなら、ほとんどの車が値段が付いています。


ユーカーパックの特徴は・・・


査定は1度だけ。その情報をもとに全国1000社の買取店が入札してくるので、ほとんどの車が値段が付いて売ることができる。

連絡が来るのはユーカーパックのみなので、電話やメールが大量に来ることはない。

値段が付けば、後は必要書類(車検証・印鑑証明書・自賠責保険証明書・自動車税納税証明書など)さえ用意すれば、あとは買取業者が手続きをしてくれるので面倒なく車を売れる。

PC、スマホから最短30秒で査定依頼終了。





廃車手続きするには時間と労力がかかりますので、このような買取店を利用するのも選択肢の1つかもしれません。




その車、売れないと思っていませんか?

ユーカーパックなら最大1000社の車買取店の入札形式なので、ほとんどの車が値段が付いて売却できていますよ。